交通事故と弁護士

交通事故になった場合、被害者としてはどうしたらいいのかわからない場合が多くあります。交通事故というものは頻繁に起こるものではありませんから、どういった対応をしたらいいのか多くの方はわからないものです。交通事故後から示談に向けての話し合いまでの間にいろんなことがあります。どのように考えたらいいのか、多くの方が悩んだりするものです。そんな時に頼りになるのが弁護士です。プライバシーを考え、また専門家として適切なアドバイスや行動をしてくれるので、安心して相談をすることができます。交通事故の場合、どういった対応を弁護士に依頼することができるのでしょうか。

交通事故の被害者の相談は様々ありますが、実際に弁護士が受ける相談の内容は様々です。単に相談だけで終わる場合もあります。例えば過失割合が決まらずもめている場合に弁護士としての判断を聞きたいという相談があります。また相手方保険会社から通院の終了を言われていて困っているなど、現段階では訴訟に至らないような相談を弁護士が受けることがあります。また後遺障害に認定されているが、等級が高く今後訴訟を考えているという相談もあります。賠償額で見ると多くない金額のものから億に達するような内容まで様々です。

弁護士は1度だけの相談を受けることから、被害者の代理人になることもあります。訴訟を起こした場合控訴して何年もかかるケースも実際にはあります。それだけ交通事故は解決まで時間がかかるものだと言えるでしょう。